HOME>注目記事>選ぶ基準はカフェインレスのもの。体を冷やさないことが基本。

妊娠に対するアルコールとカフェインの影響

紅茶

妊活中の飲み物の選び方は気になりますよね。まだ妊娠していないから、大丈夫とアルコールを摂取したりしていませんか。多量のアルコールの摂取は妊娠を遠ざけることがわかっています。毎晩お酒を飲む人は量を減らしたり、いつ妊娠しても問題ないように飲むのを控えた方が良いでしょう。また、カフェインが含まれる飲み物も摂り過ぎてしまうと、低出生体重児のリスクが増加します。今は、カフェインレスのコーヒーや紅茶などもたくさんあるので、そういうものを利用すると良いでしょう。ハーブティーも種類によっては妊活中に良いとされています。ローズヒップティーはカフェインが入っていない上、ビタミンCも豊富で美容にも良いので飲まれる方が多いようです。卵子と精子の老化予防にもなるそうなので、旦那さんと二人で飲みたいですね。いつ妊娠しても大丈夫なように、アルコールとカフェインには妊活中から気を付けるようにしましょう。

妊娠したいのなら、体を冷やさないこと

紅茶

妊活中に飲むと妊娠しやすくなる飲み物はあるのでしょうか。飲み物の摂取は毎日のことなので、気になりますよね。まず妊活中の基本は体を冷やさないことが大切です。冷え性の女性は多いので、冷たい飲み物よりは温かい飲み物を摂るようにしましょう。カフェインは妊娠中はなるべく避けたい飲み物ですが、妊活中にもあまり良くありません。体を冷やす働きがあるので、不妊の原因が冷えである人は特に控えた方が良いでしょう。冷たいものを飲みたいときもあるけれど、本気で妊娠したいのなら自分の体にメリットがある飲み方をしていきたいものです。

妊娠しやすくなるお茶について

夫婦

妊活中には具体的にどのような飲み物が良いのか気になりますよね。いくつか挙げていきます。まずは麦茶です。麦茶は価格もお手頃ですし、常備しているご家庭も多いことでしょう。麦茶には、食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。実はこれらは妊活中に摂取しておきたい栄養なのです。成分的には良いですが、体を冷やす作用もあるので妊活中は常温で飲んだり、温めて飲むと良いです。そしてもう一つ、ルイボスティーも妊活には適しています。美容に良いイメージが強いですが、それに加え卵子の質を上げるという嬉しい効果もあるんです。どうせ飲むなら妊活に良いものが効率的なので、見直してみましょう。

広告募集中